通信制高校で一歩先のキャリアを考える

ビジネス系の資格取得で就職に役立てる

高校を卒業した後、大学や専門学校に進学する人は多いです。でも、早く社会に出て仕事をしたい人もいるでしょう。高校を卒業しただけだと社会経験も少ないため、なかなか就職先はありません。何とか見つけたとしても、即戦力としては見てもらえない可能性があります。通信制高校は、主に自分で勉強をする高校になりますが、中には資格取得を応援してくれる学校があります。ビジネス系の資格が取得できるところがあり、簿記検定や情報処理技能の検定などの資格支援があります。支援の方法としては、通常のカリキュラム以外に勉強の講座を用意してくれたり、通学をして勉強ができる環境を用意してくれるところもあります。パソコンなどの実習も受られるようになっています。

技能連携の専門学校で技術を身につける

一般的には、専門学校は高校を卒業してから進学をします。そのため、高校に行った後にさらに専門学校に行く必要があり、その分社会に出る時期が遅くなります。中学を卒業するとき、できるだけ早く社会に出て仕事をしたいと考える人はいるでしょう。そこで技能連携のある専門学校を選んでみましょう。表向きは専門学校ですが、中学を卒業していれば入学できます。授業のメインは技能のための知識や実習になりますが、それ以外に口腔で学ぶような教科の授業があります。こちらでは、通信制高校と提携をしていて、そのカリキュラムが学べるようになっています。通学をしているので別途スクーリングなどは不要です。卒業をしたときは、専門学校の卒業と高校の卒業が同時に行えます。