自宅で「わたしらしい」学びのペースを!

1日に行う勉強時間を決めて取り組む

通信制高校を利用する人として、仕事やスポーツなどの活動が忙しい人と、不登校など全日制にも行けるが行かない人がいます。仕事などで忙しい人は、元々自由な時間が少ないです。ある時間に勉強するより、空いている時間をいかに使って勉強するかを考えるでしょう。一方、不登校などで選んだ人は、基本的には自由に時間を使えます。何もしなければどんどん時間が過ぎますし、1日中勉強するのも可能です。ただ、一人で自宅で行わなければいけません。自宅で自由な時間に勉強ができる人なら、1日に行う勉強時間を決めて取り組むようにします。午前中は何時から何時まで、午後は何時まで、夕方や夜に行うなら何時までなどです。習慣がつけば、卒業も可能になります。

最初は無理せず慣れれば科目を増やす

通信制高校を利用する人には、中学を卒業してすぐに入学する人もいれば、全日制から転入や編入をして入学する人もいます。中学を卒業してすぐに入学するなら、1年目にどうやって科目を選択したらよいかが分からないかもしれません。1年に取れる単位の上限がありますが、上限一杯取ってしまうとかなりハードに勉強をしなくてはいけなくなります。自己学習を始めて行うなら、最初はあまり無理のない科目選択をしましょう。学校によってはどれくらいが望ましいなどの案を出してくれるところもあります。それに従うと良いでしょう。1年間を無事過ごして単位もある程度取れれば、2年目はもう少し科目を増やしても良いでしょう。3年目の負担を減らせば、受験勉強に回す時間が作れます。